FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレッシャーって何?その参

(チト余計なトピックを挟んでしまいましたが、MOVEMENTのつづきどぇ~す。)


よーわかんらんので、実際にやってみましたよ、体重計問題。
もちろん、裸で。裸でしゃがむと、おイナリさんが太ももに当たって、それが暖かいくて、生きてるって実感できます!( ̄▽ ̄*)

それについては後ほど詳しく説明するとして、、、(説明するのかよ)
とにかく体重計の上にしゃがんで、立ち上がるぞヨイショっと・・・・、結果は・・・・・・











よくわなんない。


いやね、実はうちの体重計はアナログなわけですよ。だから少しでも外乱があるとフラフラしちまってイカンのです。増えているようないないような。んもー。こうなったら魅惑のロジカルシンキングしかないですね。

そもそも力ってぇのは、「質量」×「加速度」で与えられますよねぇ。

ほら、エレベータに乗っていると、動き始めるときと停まるときって気持ち悪い感覚あるぢゃないですか。あれってエレベータが加速、減速しているからでぢゃないですか。逆に動いていても速度が一定になっている間は、動いている感覚はないし。もし、エレベータ内に体重計を持ち込んで乗っかりながらエレベータが上昇したら指示値ってどうなるのかね?

きっと、動き始めは指示値は体重以上となり、停まるときは逆に減るんだと思います。。。

では体重計上でスクワットする問題の場合は?
スクワットするという動作は上体を上方に動かすってことだから・・・・、スクワット開始直後はメモリが大きく増加する方向に変位するけど、その後はおおよそ一定になる、これでいいんでしょうかね。

うーん、違う見方をすると・・・、体重計の針を動かさずに立ち上がるためには、なるべくゆっくりと立ち上がればいいことになるなぁ。もっと違う見方をすると・・・・、

「ソールが剣山になっている靴」を履いた少女に腹の上に乗ってもらいます。じっとしていれば耐えられる。けど激しくスクワットされたら、



「ウグェ!ちょっとまって。もう少し優しくして。(*μ_μ)♪」

みたいなことになりますよ。ほいでまた優しくスクワットされれば何とか耐えられる。よしっ!これならイメージわくね!(わくのかよ。)
苦痛ではなく快楽として感じることができる人の場合は、より正確なイメージができるはずです!

実際、板の上で立ち上がる動作をする場合って、すごくまったりとした動作になりますよね。この場合は停まっていた状態から動き出す部分でやや力が加わり、あとはほとんど力は作用されないのだと思います。正確にいうとすごく小さい力しか加わらないのだと思います。

ということで、実際に板にプレッシャーを加えるという動作によって加わる力は、



すんげぇ、ちいせぇ。

という一つの結論に至りました。

なるほど、もっと運動せぇ!
とか言いながら結局はそんなにプレッシャーなんて加えられないんぢゃん(○`ε´○)




・・・違う。(-_-;)(;-_-) なんか違う。(-_-;)(;-_-)
ちがうちがうちがーう!(-_-;)(;-_-)(-_-;)(;-_-)(-_-;)(;-_-)(-_-;)(;-_-)(-_-;)(;-_-)
なんだろう?そんなはずがないって気がする。
だってプレッシャーは自分で与えてる感覚があるもの、実際は。なんで?むーん。?c( ̄ε ̄*)


ハッΣ( ̄[] ̄;)!!! もしかして・・・・。
少し前に遡ってみよう。。。。


そういや、「その弐」で描いた漫画のように、ターン中というのは何もしなくても自然に板へのプレッシャーが強くなっていくんだった。

ということはですよ、ターン中のある瞬間瞬間で、上体は同じような運動をしていても、上体自身に加わっているプレッシャーが変化しているので、相対的(作用反作用)に言えば体が板に力を加えていることになるのでは・・・。

イメージわかないなぁ。もっと違う妄想で。。。

例えば、地に立ってバーベルを肩に背負うとするか。今中腰からゆっくり立とうとするとき、持ち上げた量に比例してこのバーベルの重さがどんどん増していったら・・・。このバーベルの重さがターンにおける重力や遠心力によるプレッシャーだと見ると、体は同じようなゆっくりとした運動をしているように見えるけど、実際は瞬間瞬間で力が変化していることになるよねぇ・・・。

つまりバーベルの重さが増していっても、中腰のまま姿勢を維持している場合と、バーベルの重さに負けずに一定量ずつ膝をプッシュアップしていく場合とで、足裏と地面の間に加わる圧力ってどれだけ違うかってことだ。

前者はボード上で運動していない動き、後者がMOVEMENTを意識した動きに相当するから、この差が自分が板に加える力ってことだね、きっと。

ちょっと定量的には色々な前提条件を設けて計算しないと分からないけど、多分、直感的に無視できる量ではないと思う。

と、いうことでダラダラと描いてきましたが、結論!



















けっこう加わる。



なんて曖昧なんだろう。
こんなに悩んでこの程度の結論しか導き出せない自分に軽くムカつきますが、まぁ、プレッシャーを加えるという動作がちゃんと意味があるものだ、と自分自身で納得できました。納得するかどうかは非常に大切ですよ、
はい。はい、そこっ、説得力ないとか言わなーい!

ウ~シッ!次はなぜプレッシャーを加える必要があるのか?というより重要な命題に挑みたいと思います!

最後になりますが、一つだけ確実に分かったことがあります。








3kg太った_| ̄|○
スポンサーサイト

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

COMMENTS

No title

オオ!!今回は特に解かりやすかったですw
スバラシイ。

ソールが剣山になっている靴を履いた少女に腹の上に乗ってもらい←何かの願望ですか?(笑

MOVEMENT

私は、MOVEMENTって板を立てることだと理解してました。
板を立てるとターン弧が小さくなって遠心力が強くなって
圧が加わると思ってました。

私たちもこのことでよく意見の違いでモメルんです。
とあるA君は、ターンは板を踏むことだ!って云うです
板を踏むとターンするって云うんです。
で、B君は板を立てると板がたわみターンが始動するって云うんです
私は、B君の方に1票です。
板にはキャンバがあるので板を立てると
Uの字からVの字になるイメージなんです。
そうすると分散していた力が中央に集まり加圧されるんじゃないかな?って
あ~~なんか上手く言えませんが
踏んだって体重が変わらないから加圧なんてしないと思うんです。
だって踏む=加圧ならどんなポーズの時に圧が最大なんでしょうか?
走り幅跳びとかでジャンプする時をイメージして下さい。
踏む込みの足が付く瞬間?それとも縮まった瞬間?伸び上がった瞬間?
どこ?どこ?どの時点で一番パワーが伝達されてるんでしょうか?
チンプンです。
てなことで、分からないので板を立ててタワミ
V字になった時の方がそれっぽいのでそ~かな~なんて思ってます

No title

Yaemiさん、こんばんは。議論ができるお友達がいらっしゃるようでいいですねー(^ー^)。僕はプロではありませんので正しいかどうか分かりませんが、個人的意見ってことでコメントしますね。ターンすることは、Yaemiさんがおっしゃるように板を立てることだと思います。板を立てなければ直滑降になりますからね。サイドカットとキャンパーがあるからというのも正しいと思います。
一方、板を踏む、という動作はターンすることではなくて、ターンをブラッシュアップすることだと考えてます。別に踏まなくてもそれらしいターンはできますが、踏むことでさらにキレのあるターンに仕上げることができると考えます。実は「踏む」という言葉が曖昧なのですが、踏む、というより圧す(おす)です。圧せば加圧されますよ。抱え込みターンの場合だって、足を圧し伸ばすことで、ターンをコントロールできることを考えればイメージできるのではないでしょうか。でも、止まった板の上で足を押し伸ばしたって瞬間的かつ小さい力しか加えられません。体重は変わりませんが、G(体重、重力、遠心力)が時間的に変化するターン中に圧すからこそ、力が加わります。この辺が錯覚しやすいところだと思うのですが。。。ブログではこの辺を上手く伝えられればと思ったのですが。。。ちなみに、幅跳びの例では間違いなく飛び上がった瞬間が一番パワーが伝達されます。上体を上に加速する力がそのまま反作用になるのではないかと。
最後にもう一つだけ。板を立てて板の特性だけでターンするだけではなく、板を圧してターンを仕上げる動作が「MOVEMENT」です。。。と僕は理解したのですが。。。なぜ圧すのか?についてブログ内でまた展開しますが、実際にこの動作で全くターンのフィーリングが違ってきますよ。
とかエラそうなことを言ってしまいましたが、単なる一つの意見ですので、参考程度に考えてくださいね。でも、コメントありがとうございます。久しぶりに独り言以外でこんな会話しました(*^ー゚)b

No title

Dragsさん、毎度コメントありがとうございます。剣山というのは、願望というより、趣m

違います。そんな願望ありません。例えです例え。こんな表現しかできない自分が結構愛おしいです。

No title

watanaviさん!ありがとうございますm(_ _)m

週末、御岳で滑って着ました。
レース&スクールをやってるお友達と一緒だったので
「ね。ね。ね。シギーのMOVEMENTってなに?」
って聞いたら
「1舜1舜で考えるとごちゃごちゃになるし滑走時にその動作で止まる
なんて事がないからココだ!
こう云う動作だってのは、はっきり云えないと思うな~
切り替えて板を立てて圧をかけながら板を走らすは
一連の動作だからね~
全ての動作がなめらかに無駄なく出来る事が・・・
チュ~前に!!お前はフロントの軸ブレを徹底的に直す事!!」
って一括されちゃいました。(T-T)<ソノトオリデシュ
「走らせたければ膝をもっと曲げろ!高いねん!」
ってダメだし(T-T)<ガンバリマシュ

No title

すごーい!この時期でも頑張っているのですね。あと、MOVEMENTって何?と聞いて答えられる方々がすごいですね!シギーのDVD以外でMOVEMENTという言葉を見たことがないのですが・・・。ちなみにMacさんは独特の表現で「しゃくとり君」と表現しています。
熱心なお友達に囲まれてうらやましいです。

ところで、膝を曲げろって言われているらしいですが、僕は逆にいかに膝を曲げないようにプレッシャーを掛けるか、ってことを課題にしてます。シギーのライディングを見ていると、膝がパックリ入っている瞬間なんて一度もないんですよ。どの瞬間も腰から下はほとんど同じ姿勢なんです。理由は超簡単で、曲げすぎると力が膝外方向に逃げるからです。重たいものを押すとき、膝はあまり曲げませんよね。もっと言うと、ラグビーで選手がスクラム組むとき、膝をパックリ曲げている人はいませんよね。この点はMacさんも同じことをおっしゃってました。シギーの姿勢が低く見えるのは、膝が曲がっているからではなく、実は股関節から驚異的に曲がっているからなんです。股関節から曲がると正面から見たときに、膝が潰れていないから足がスパーンッと長く見え、さらに上体が潰れている分、錯覚的に足が長く見えます。これがスタイリッシュに見えるマジックです。シギーって欧米人ですから骨格的に腰の位置が高いのですが、それでいて滑走時の姿勢がすごく低く見えることを考えると、どれだけ股関節を使っているのかってことが想像つくのではないでしょうか。

すみません、また勝手にウンチクたれてしまいました。。。決してご友人のアドバイスを否定しているわけぢゃないです、ホントに。何を意図されているか私は存じていないわけですから。ただ膝を曲げることと、板を走らせることは直接的には関係ない気がしましたので。。。単純に膝は曲がっているほどGOOD!という考え方は注意が必要だと、個人的には思うわけです。まぁ一般的に、この辺の話は日本の基礎系にどっぷり漬かっている人にはなかなか認めてもらえない気がします。否定される方もいらっしゃると思いますが、少なくとも、「僕にとっては」、今のところ、これ以上説得力のある理屈が見つかりません。何度も申し上げますが、一つの意見としてご参考にしてもらえればと・・。

しかし、この勢いでGWまで滑られるのですか?僕も見習って頑張らないと。。。とか言いながら板はメンテしてしまっちゃった((^┰^))ゞ テヘ

No title

watanaviさんど~もです!

JSBAは両膝を曲げろって云うけど、どうも安全性と格好が・・・
でも、偶然見たビデオのエッジチームの人の膝は伸びてるじゃない。
カルチャ~~ショック!
特に左膝が張ってて、ほら!あ~た超かっこエエじゃないですか!!
で、憧れて2年前からアルペンに乗ったのね。
で!ロイヒに生を見に行ってセッションして
お友達の中に「近いからエコーも行こう!」って駄々こねるから行ったら
偶然そこで知り合った方からマックさんを紹介してもらって
またまたカルチャ~~ショック!
マックさんの滑りを見て感動して泣いてしまいました。
私の追い求めているものがココにある!って、
あ~話が脱線してしまいましたm(_ _)m

膝の部分は言葉足らずでした、膝についても熱く語ってくれるとは!!
これは隠語でして「膝を曲げろ~」って怒られるのは
私、理解力が乏しかった頃の名残ででして。。。ごめんなさいね。
私の高い姿勢を指摘する為に言ってくれてます。

姿勢についての教えは3つです。
「右踵にお尻を近づけろ!」 (あくまでも矯正及び意識ですが・・・)
▲膝の張り、太ももの緊張及び筋肉を使って無いとダメで、
このエクササイズをやるでぇ~!って云われるのが苦手です。
太ももがプルプルして超辛いっす。ヽ(T∀T)ノ<ヨクサボッテマス
ので、ここを指摘するときに「右膝!」って言われます。
「ケツ!」って叫ぶのも問題ありなんで(^-^;;
お友達の膝への理論は、
膝を伸ばすのもいいけどバーンはさら地ではない。
膝はバーン変化に備えて臨機応変に曲げたり張ったりしよう!です。
ここは御モットモなので膝を何が何でも伸ばしていた。
先シーズンが懐かしいです。バーン関係なしに張るからよく吹っ飛んでました。
私、基本あほなもんで・・・
「股関節を曲げろ!」 
▲watanaviさんがおっしゃてるように
3D面ション(こんな字でしたっけ?)やZの法則からです。
後継強制!軸ぶれ矯正!の為っすよね
「肩甲骨を引きつけろ!」または「胸をはれ!」
▲これだけは私の悪い癖の矯正の為です。普通これ皆は要らないはず?
猫背が直らなくて・・・
板から体がはみ出して軸がズレて板もズレて・・・悪循環┐('~`;)┌
「直らないのは巨乳のせいや!」って云うと「貧乳!」と雪に埋められます。
あっ!でもここ2週間前からやっと直って( ̄ー ̄)b<グッ!って!

で、MOVEMENTへ行きたいならって事で、
その前段階の練習の仕方を教わりました。
あってるかどうかはお友達の練習方法なので???ですが
「足首だけでカービングをする」
左足首が始動で右は追随させる感じです。上体は棒立ちです。
お友達の後ろにびったりくっついてターン弧を合わさせられます(T-T)
ターン弧がデカイと「動作が遅いねん」「足首ちゃんと使ってるか!」
ちなみに緩斜面も急斜面もです。(T-T)<キュウシャコココワイデス
この調子で「膝でカービング」「股関節でカービング」もしました。
各部のパーツが出来て次に移れるそうです。
来年への課題となりました(T-T)<ガンバリマス
また、MOVEMENTにはフラットも重要だ!とも云われました。
そこの説明は頭がウニウニで理解不能です。
パーツカービングが滑れるようになってから聞いておきます。

ちなみにお友達は、シギーフェチです。
シギーがレースのバイブルだそ~です。
お友達は生活の為にJSBAのAですが
レースが主なのでスクールとはまた違う気がします。
かと言って私、レースやってませんが <ハッハッハ

え~~!板をしまってしまったの?!!
私、次でラストなのでGWは3日間滑りますよ~
と言いつつ今年は熱が引かないので月1回、四国に行く予定です。

No title

Yaemiさん、こんばんはー。
そうですか、生Macさんを見ましたか。すごいですよね。僕は後について滑らせてもらったけど、音とかラインとか、ものすごく刺激になりました。あぁー、アルペンってこんなにもカッコいいもんなんだなー、と思ったのを思い出します。

それから膝についてつまらん突っ込み入れてすみませんm(__)m
悪い条件反射でして・・・。言葉で伝えるって難しいですよね。ブログ書いていてすごく思います。どうやった上手に伝えられるかばかり考えてます。例えば、「足首だけでカーヴィング」とありますけど、言いたいことは何となく分かるんです。でも僕が初心者なら

「足首なんてハードブーツでガチガチぢゃん。動かないのに足首使えってか?意味分からん。それともヒラメ筋だけでブーツを折り曲げられるほど筋肉ムキムキになれってこと?」

と思ってしまうわけです。あいや、もちろんA級イントラさんの言われることですし、もっと多くの言葉で説明されているのでしょうから、僕がとやかく言えるはずはないのですが、ただ、これもまた言葉の危うさを表しているなぁ、と思うわけです。多分、僕のブログなんぞ言いたいことの半分も伝えられていない気がします。。。

しっかし、Yaemiさん、たくさん知識を詰め込んでますね~!ホント感心します。そこまで熱心にやられている方に僕がとやかく言えようはずがありません、って話ですよ。ハイレベルなお友達がいらっしゃるので、まずは吸収できるものをガッツリ頂いちゃうのが、上達の近道なんでしょうね。ホント、うらやましスィ。

GWに三日ですか。。。ゴイスぅ。もしかしてシーズン滑走日数30とか平気でいっちゃったりするんですかね。実は僕の心は既に海の方へ・・・。GWは伊豆辺りへ出撃する予定どぇーす!でもGWは混むからまだ悩んでいますぅ・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。