スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレートがカーボンでも・・・ねぇ。

3度のメシより好きなスノーボードですが、ここ数年、諸般の事情でゲレンデに行く回数が激減しました。限られた出撃の中で最低限のライディング技術をキープするため、ここのところ必然的にアルペンボードばかり乗っています。前々から絶滅保護スポーツ的な扱われようでしたが、最近は以前にも増して見事な衰退っぷりを見せていますね。アルペンはマテリアルが高いしね。

先シーズンは5年ぶりくらいに板とバインディングを新調しました。板はともかく、バインはBLAXのカーボン製なのでまだまだ使用するつもりだったのですが、先シーズン、ライディング中に、ぱっこーんと足が板から外れ、よくみるとこんなことに↓

BLAX_STEALTH


えぇぇ!トゥベイルって折れるのぉ???よく見ると破断部は曲がった形跡もなく、どんだけ力が加わったらこんな折れ方するのかと・・・。これぢゃ、いくらプレートがヘタリ知らずのカーボン製でも意味がないっちゅー話ですわな。トゥベイルだけ交換しても良かったのですが、もうトゥクロージャは止めてインテックにしたまえ、というお告げと思い、新品を購入することに。購入したのはHEADのSTEALTH DNA↓

HEAD_STEALTH_INTEC


今は生産していないBURTONのPhysicsにするか迷ったのですが、昔BURTONのバインを使用していたときに少しオモチャっぽい印象があったので、マッチョなタフガイ的存在のHEADに。購入後、よく見ると、ベイルの太さが以前使用のものはφ5mm程度だったのに対し、φ5.5mm程度と太くなっているようです。INTECだからかな?ブーツのヒールパーツを通販で別購入し、これで晴れてINTECユーザの仲間入りってわけです。これまでINTECを避けてきたことには理由があって、今の履いているブーツとINTECの組み合わせがコンクリートに足を埋め込んだように強固になることを知っていたからです。履いているブーツはBLAXのS-LTDというモデルで純正のインナーと組み合わせると石のような硬いブーツなんですが(海外のサイトで調べたら、BURTONのFIREと同程度だとか)、このS-LTDとINTECっていう組み合わせは左右も前後も拘束されてしまうため、かなりライディングが制約された環境になってしまうんです。

購入後、この組み合わせで滑ったら、案の定、下半身が銅像のようになってしまい、慣れるの時間が掛かりました。もともとギリギリまでプッシュしたい方なので、頑丈な足元は得意なのですが、これはあまりにも遊びが無さ過ぎると考え、今年は少しフレックスを得るために、マテリアルをいじり倒しました。今後、ひとつずつご紹介していこうと思います。

スポンサーサイト

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。