スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに相棒登場

エロさんとか人妻さんとか、アダルトな方の絶大な支持を誇るマイブロクへようこそ!

今日もも雪山そっちのけで仕事だったよーん\(T▽T)/
とても久しぶりのカキコミですが、今日も不健全に行ってみましょう、妄想ライダーのためのぉー、「スベらないスノーボーディーング!」 エッジング編。




・・・・。
そろそろぶっ壊れてきました。空振りな勢いがイタイwatanaviですこんばんは。

さてさて続きですが、エッジングのコツでなーるほど、と思ったのが、

「膝」ね。膝。膝でドライブするのね。




あれっ?・・・定石?あー、またやっちゃったか・・・。まぁ知っている人は軽く読み流してください。いやだからそんなに読者がいないのは知ってるってばもう( ̄ε ̄ )

真面目な話ですが、少なくとも僕は膝の使い方間違ってたみたいです。膝を屈伸方向だけに使うことが自然体でグッドだと思っていました。でも膝って、屈伸方向に使うのは当たり前で、さらにカーブをコントロールするなら、膝を横に使わなくていけないみたいです。



・・・・。

ああ~、引いているぅ!絶対引いているぅ!
僕自身、こんな理屈っぽい話は、アルペンユーザーを表す三つの形容詞、「おやじぃ」、「ウンチック」、「キムじぃ」のうちの前者二つを満足してしまうことになるので、できれば避けたいですが、後にも引けないため、サラッと書きます。サラッと。

なるべく「パンにバターを塗れ理論」と同レベルにならないよう、分かりやすくご説明したいっ!(変なテンション。)


では気を取り直して。
エッジって立つものぢゃなくて、立てる意識を持つようにならないと、一歩上のカーブコントロールはできないみたいです。その「立てる意識」ってのが「膝を横に使う」ということだと理解しました、僕は。これができるようになると、色々な部分に良い効果が現れてきます。この辺はまた今度にして、膝を横に使うということがどういうことか、チト考えとうございます。

分かりやすくするために勝手にイメージを膨らませてみたのですが、多分、カーヴィングスキーが絶好の例かと。スキーってボードと違って両膝が平行に並びますから、カーブするときって、内足は曲げて、外足は張って、バランスをとろうとしますよね。そのとき、もっともっとエッジを立ててやろうと思ったら、上体を倒すんぢゃなくて、内膝も外膝もターンの内側に入れればいいぢゃないですか。その分、体は内倒しないように外へ外へ起してやらんといかん、っちゅーことですから、前から見ると頭からつま先までが弓のようなイメージになります。実際にスキーでそんな理論はないかもしれませんけどね。例えです例え。

このイメージはそのままヒールサイドに使えます。



ああ~、や。や・や・こ・し・やぁ~、といい感じになってきた方のために、もっと簡単に。

両足をピッタリとくっつけて浅くイスに座ります。膝を120度くらに軽く曲げて、つま先を持ち上げます。さぁ今、足首と膝の角度を変えずに、足の裏面と床面の成す角度を大きくしろ、と言われたら、皆さんどうしますか?

どうもこうもやれることは唯一つ、膝を横に使うだけです。そうすると、あーら不思議、足裏が立ってきました。そのままイスを外して床に座ると、ちょうど女座りのようになって、ほーれどうでしょ、足裏が垂直になってません?

これが横方向に膝を使ってエッジを立てるって動作になるわけですね。あ、これ僕の勝手な解釈ですからね。

これをヒールサイドに当てはめると、、、そろそろ文書で説明するのが難しくなってきた。そ、そうだ、彼を呼ぼうっ!ウォーズまーん!







wars1




・・・・。
しばらく放置プレイしていたので、死んでます_| ̄|○

ここはチト起きてもらってと・・・、以前のイメージが下。

wars5

wasr4


そして、今のイメージが下。

wars2

wars3


前から見るとあまり変わらん感じがしますが、心なしか体勢が涼しい感じがしません?横から見ると、膝が横に絞られているのが分かります?チト大袈裟にパフォーマンスしてもらっているので、上体が開き気味ですがそこは無視して、こっちの方が断然板が立ちますよ。というか、ここまでしないとなかなか板って立たないんですよ。特にバックサイドは前半立てにくく、後半は急激に立ってくる特徴があるので、ほら、バックサイドの後半でガッガッガッ!っと尻餅ついてしまう人多いですよね。あれって当たり前で、バックサイド前半(つまり谷回り)でエッジが立たないもんだからスピードがついちゃって、後半(つまり山回り)で急にエッジが立ってきちゃうもんだから、前半の勢いを全部受け止められずに制御不能になっちゃうんですよね。多分ね。だから、僕も含めてですけど、バックのターン弧が大きくなりがちなのはそのせいね。多分ね。ですから、ヒールサイドは前半が勝負っすよ。多分ね。

とまぁ、ヒールサイドについてノタマイましたが、フロントも基本的に膝を横に使う理屈は同じ。でも、フロントのターン弧が小さくなりがちなことにも理由があるわけですが、それはまた次回に。


いやぁ、書いたなぁ。読み返すのがめんどいっ!何がサラッとでしょうか。思いっきりコテッとしちゃいましたが、しっかり「ウンチック」ぢゃねーかというクレームは当然スルーです。理屈っぽいおやじで結構!o( ̄ ^  ̄ o)

でもさぁ、理屈っぽいのはしょーがないのさぁ。僕はフリーも同じくらい楽しいと思うけど、フリーは独特のルーズ感みたいなカッコよさがあるぢゃないですか。でもアルペンってホント上手く乗らないと、めっさカッコ悪いのね。スキーもそうでしょ?だから、どうしてもロジックあってのライディングになってしまいがちなのね。分かってくださいセニョリータ。

・・・最後のコメントは完全に蛇足だね。


てゆーか、日記って毎日その日の出来事を記録するもんぢゃね?とか、引っ張っている時点で日記風ぢゃなくね?みたいな、そういうコメントはきっと削除されると思う。



スポンサーサイト

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

COMMENTS

No title

エロじゃないけど支持しますよ(笑
相変わらず面白いですね。
内容も参考になりましたm(__)m

バラバラウォーズま~んwwww
おお!フォームつけるとカッコイイですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。