FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはこんな本もよいかと

1月だからスノーボードのことで頭が一杯だけど、本のことを書くwatanaviですこんばんは。
先日読み終えた本がコレ。

思考の整理学


別本を買いに書店に行ったのですが、帰り際、どういうわけかふと目に留まったこの本。
いつも頭の中が様々な煩悩で一杯ですので、この際、レッツ煩悩整理ってなノリで初めの数ページを少し立ち読みすると、これが結構おもしろい。冒頭の「教え惜しみ」の話など、なるほどね、などと納得してしまいました。今まであまり考えたことがなかったけど、野球部の一年生が玉拾いばかりさせられるのにも、超一流学歴の人が必ずしも会社で活躍できないことにもそれなりの理由があるってことが分かりました。後半の忘却云々も良い話ではあるけど、ちと学生向きかなという感じ。

ちなみに初版は1986年で10年以上のロングセラーだとか。内容が色褪せていないだけにそれも頷けます。またゆとり教育廃止だとか世間で話題になっていますが、そんな世の中だけに、このような考えは当たり前と一蹴せずに今一度よく考えてみる必要がありそうです。自分の子供への教育を見直してみるいいキッカケを与えてくれます。
著者の写真を見て、江守徹入ってる、と思ったのはボクだけですかそうですか。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。