スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごくいいゲレンデだけど・・・。

行ってきました、「ブランシュたかやま」!
やってきました、「カービングスキー」!

ちょっと天候が気になっていましたが、そんな心配が嘘だったかのような晴天!さすが高晴天率の蓼科エリアに属するだけはありますね。




スキーヤーオンリーだけど。


そして、雪質が非常に良かった!何なんでしょ、北向き斜面なんでしょうか。キュッキュッと鳴る雪で滑ったのは久しぶりですよ。あの辺ではエコー、車山、ロイヒ等、ほとんどのゲレンデを滑り倒していますが、ブランシュは一番良いように思えました。






スキーヤーオンリーだけど。


コースも、これでもかというくらい、GOODスティープ満載でした!
こんな感じ↓

takayama


リフトの上から撮影しているので緩斜に見えますが、実際はかなり斜度がありますよ。これでいてコース長もあるので、滑り応えありましたね!










スキーヤーオンリーだけど。

てな感じで楽しい一日でした!



・・・・・・。




・・・・うあああああああああぁぁぁぁ!
ロングボードでかっ飛ばしたかとですぅぅぅっ~!!!


ある意味、こんなにストレスフルなゲレンデはありません。スノーボード解禁を「セツに」願います。そんなブランシュさんのHPの謳い文句。

「今年も来年もいつまでも!スキーヤーオンリー!安心安全快適ゲレンデ!!」




ぐやしいですっ!(T皿T)




よーしっ!
それならそれで、これからカービングスキーの修行をして、いずれこの山を思う存分滑り倒してうやるぅ!ちなみにカービングスキーがどの程度カービングたるのかを検証するつもりでしたが、僕のレベルでは、






変わってなくね?

というのが率直な感想で、あの艶かしいカービングスキーがカービングたらしめている、あのクビレをちぃーっとも感じることなく、ポールを突くタイミングに翻弄される一日なのでした。


そ、そして、不安のタネだったブーツに悲劇が・・・・。

スポンサーサイト

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

明日は雪だそうで。

昼休みにアイスでもペロペロしながらネットを眺めようと、売店に行きました。
チェリオ片手にレジで支払おうとしたところ、小銭が無かったので千円札を・・・。








・・・野口英世かよっ!

思わず口にしてしまいました。
そう、昨日のブログで「夏目さん二枚」なんて何の疑いもなく書きましたが、どんだけお札に興味がないんだか。いや、金に興味は人一倍ありますよ。

でもお札に興味がないのか?
そりゃ矛盾しているだろ。

絵柄にインパクトが無いからいかんのですよ。

人物ぢゃなくて、もっとコテコテの日本のカルチャー、例えば北斎の浮世絵とか富岡鉄斎の水墨画とか、そういうのにすりゃ何かこう、記憶に残るっていうか・・・

そういや壱万円札は誰だっけ?福沢諭吉だよな?

いやいや、確か福沢諭吉と夏目漱石はセットだったぞ。

もう同じ間違いはしませんよ。

ええーっと・・・誰だっけ?

どれどれ確認してみっか・・・

ええっと壱万円壱万円・・・

おいおい、ねーぢゃねーか。金欠やなー。

あ、五千円札だ。誰だコレ?樋口一葉・・・・・?

何となく知ってるけど、偉大さは説明できんなぁ・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・







そんな感じで今日も世界平和を祈りつつ充実した一日を過ごしたwatanaviです、こんばんは。
そしてようこそ続・ドン引きワールドへ。

どうでしょうか、進行方向へプレッシャーを加えるイメージ湧きましたでしょうか。
興味ないですかそーですか。それでも妄想は始まります・・・。

簡単、簡単、ちょっと後ろから板を押し出すようにプレッシャーを加えればいいんだわさ。
例えばイスに座って、両足で床を圧すとイスが後方にズレるでしょ?あれは床が動かないから反作用でイスが動くのであって、イスが固定されて足の下にスケボーがあれば、スケボーが前にズレるってことだ。至極あたりまえのことぢゃん。

こんな感じでボード上で板を圧し出す、言い換えれば立ち上がると、進行方向に力が加わるから加速するってわけだ!なるほど。

でもさぁ、板を圧し出すってことは、板が自分よりも先に進んでしまうってことぢゃん。これではバランスが悪いづら。氷上ならスッテンテンッて、後頭部から血を流してしまうな。
Σ( ̄ロ ̄;)そうか!
だから、上半身をやや被せ気味にする姿勢が大切なんだ。こうすることで重心を板の真ん中におき、バランスをとる必要があるってことやね。

そういや、同じようなことを、むかしむかし遠藤先生が雑誌「CARVE」の中で言ってたな。確かスキムボードを使ったイメージで。そのとき、板に対して力を加える角度を「パワーアングル」って呼んでいたような・・・。

(頭の中)

powerangle



なるほど、さすがだ。そういうことを言っていたのか!(゚∀゚ )ノ


ああああっ!Σ( ̄ロ ̄;)
さっき「・・・板を圧し出す、言い換えれば立ち上がると・・・」と表現したけど、これがイメージの差なんだ!(゚∀゚ )ノ

つまり初心者の頃は、「立ち上がってターンを切り替える。これが立ち上がり系なのだ。」スクールやら雑誌やらで刷り込まれていたけど、これ違う!立ち上がるんぢゃなくて、圧し出すんだ!このイメージの差は大きいぞ。

なるほど、そう考えると、・・・・





・・・・妄想は果てしなく続くのでした・・・。

もっと考えることあんぢゃね?とーかー言わないのぉ。

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

妄想癖再び

うちの会社ね、毎日のように業者のトイレ掃除が入るんですよ。業者といっても、ほとんどが50前後のおばちゃんなんですけどね、とてもキレイにしてくれるわけです。感謝感謝。でもね、掃除時間が長いんです。2~3時間くらい平気で掃除しているですよ。そんで、おばちゃんも特に「清掃中」のフダも立てずにやっているので、社員の皆さんも平気で清掃中にYOをたしているんですよ。集団心理なのか、僕も特に気にせずにYOをたしていたんですが、ふと思ったわけです。






これってセクハラぢゃね?

仮にセクハラぢゃないと仮定したら、その理由は、「おばちゃんだから」、なわけですよ。暗にね。だって麗しき乙女だったら、やっぱり誰も清掃中には利用しないだろうからね。でもその「おばちゃんだから」という理由自体がすでにセクハラなわけですよ。このように帰納的に考えれば、やっぱり清掃中にYOをたすのはセクハラなわけです(-_-)。明日からは清掃中のYOたしはやめますっ!



そんなことを考えて今日も無事に会社勤めを果たしたwatanaviです、こんばんわ。


何気に過去のスノーボードについてのログを見直していたんですが、途中で自ら板にプレッシャーを加えていくことについてダラダラと思考実験してましたね。でもちょっと結末が尻切れトンボみたいになっていたのが気になって。。。

自ら板に力を加えることができて、、、その先の話として、ふと思ったんです。

板に力を加えることができるってことは、上手く力をコントロールすれば加速することができるってことぢゃね?
ほら、よくプロフェッショナルな皆さんが「板を走らせる」って表現するけど、これって単なるイメージぢゃなくて、ホントに加速してんぢゃね?

って思えるんですよ。ホントかぁ?うーん、正直よくわかりません(-_-)

そこで、板にプレッシャーを加えるとどんなゴリヤクがあるのか、というドン引きのテーマについて考えてみます。

思うに、力ってのは加速度と質量の掛け算ですからぁ・・・、ホントにプレッシャーを加えているなら、その力の方向を板の進行方向に向けてやれば加速するはずですよ。きっと、この「進行方向」ってのがミソな気がする。つまり、単純に板に対して垂直にプレッシャーを与えたって、進行方向には何ら仕事をしないから加速はしないっすよね。では、どうやったら進行方向にプレッシャーを与えられるか。

はて?どうすりゃいいのだろう?(゜_。)
さーて、みんなで考えようっ!(誰もいない教室で)

思うに、板と体軸って垂直の関係にあるように思えるけど、このイメージがいかんのでは。
体軸と力の方向は同じものとして考えてはいけないのではないかと思うわけですよ。

さあさあ、酒がまずくなってきたので、今日はこの辺でやめときます。続きはまた今度。
妄想ライダーですから、「妄想ばっかりしていないでもっと滑りなさいよっ!」というお咎めには相変わらず無反応です。(花粉には相変わらずビンビンに反応しながら)

さて、週末に備えてカーヴィングスキーのイメトレでも。





・・・さっぱりイメージ湧かん_| ̄|○

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

カテゴリは違えども

今週末、久しぶりに出撃します。
場所は『ブランシュたかやま』。

このご時勢に、頑なにスキーヤーオンリーを貫いている異端児的ゲレンデです。
そうです、私、13年ぶりにスキー履きます。

いや、わけあって知人と行くことになったんですが、あれよあれよという間にゲレンデが決定してしまい、もはやいまさら、

「あのぉ。。。僕、スノーボードゥがしたいんですけど・・・」

とは言えない始末ですよ。
(れれぇ?言ってなかったかなぁ・・・)と思いつつも、まぁ、これもいい機会ということで、快諾しましたっ!

ところで、自分のスキーってどうなってんだろう?(゜_。)
どうやら新潟の実家の倉庫の奥深くで永い眠りについているらしい。
僕が最後に履いていた板はサロモンのプロリンクの初代版、つまり、まだ今で言うカーヴィングという概念がスキーにない時代の板なわけですね。あえて、そんな板を取り出して、シレッと滑るのもアリかと考えましたが、どうせやるならカーヴィングスキーというマテリアルがどの程度カーヴィングたるものなのか、見てやろうと思いましてね。サクッとオークションでゲットしました、3年落ちサロモンのハイエンドモデルをっ!ポール&ビンディング付で。

こう見えても、絶滅危惧機種ユーザの端くれですから、ちょっとやそっとの「G」ぢゃ驚きませんよ。スキーでどの程度のGが得られえるのか、キチッと見させてもらいますよ。


と、そう思っているんですが、問題が二つあります。

其の壱。

オレ、カーヴィングスキー滑れんのか?
僕が持っている技術は13年前で止まっていますから。
ウェーデルンとかいう言葉に憧れていた頃ですから。
ま、ここは勢いで乗り切ろうと思います。


其の弐。

ブーツがない_| ̄|○

これは盲点だったよ。なぜ、こんな基本的アイテムの存在に気が付かなかったのか。
さてこれは困った、と思って昔使用していたブーツを実家から取り寄せましたっ!
コレ↓

oldboots1
oldboots2






きっと空中分解すると思う。
写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、なんかこう・・・いい使用感、というか疲労感?
一線を退いて、「もう、そっとしておいてくれ」感といいますか。
ちょっと触った感じ、しっとりしているんですよ、しっとり
時代感じさせるカラーといい、頼りないバックルといい、気持ちが青くなります。

行く前から、色々と不安はありますが、とにかく行ってきます。

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

ラッピングぅー(エドはるみ風に)

どーもっ!
世間はGWですが、watanaviは転職活動にいそしんでおりますっ( ̄^ ̄ゞ
その辺はネタとして別の機会に報告させて頂きますっ( ̄^ ̄ゞ

しかし今日は暑かったねぇ~。
今日は今さらですが耳鼻咽喉科に行って花粉症の治療をしてきました。花粉症なんてもう終わりでは?と思われるかもしれませんが、私目、ヒノキにもビンビンに反応する粘膜を有しておりますゆえ、まだシーズンは続いているのですあります。さらに、夏にはブタクサなる、カワイラシイお名前の植物にもビンビンに反応するためオールシーズン営業中に近いのであります(T∇T)ノ

耳鼻科で鼻に薬を直接噴霧吸引する装置があるのですが、それは鼻の穴にガラスの器具を差し込んで薬を吸引するのですが、そのとき口で息をしなければならないのです。が、数分間の治療の間に唾液が溜まってくるのです。まさかダラダラ垂らすわけにもいきませんので、ちょっと喉を使って飲み込もうするわけですよ。そうするとね、






ヌゴゥ!

みたいなイササカ恥ずかしい音が出てしまうのは僕だけでしょうか。そして妙にまた鳴らしたくなって、何度も鳴らしてしまうのは僕だけでしょうか。


さて、それはさておき、ボードの道具をしまいましたよ。板は酸化防止の気休めにワックスを塗ったくって、ラッピング。

board


そしてブーツもラッピング。

boots


樹脂ってのは程度の差はあれ加水分解などで必ず劣化しますから、気休めですがラッピングすることで延命しようというモクロミです。ちなみに、ブーツなどは汚れがあると、そこから劣化が加速しますから、よーく汚れを落として保管することが大事なわけですな!(・。・)b

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。